忍者ブログ

ネットSEO対策

ネットSEO対策。その他

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オークション


yahoo!オークションも地味にSEOが必要ですな^^。自分の出品物がなるべくたくさんの人の目に触れるように、タイトルや商品説明を工夫しています。商品タイトルに「検」という文字を記載して、有名なブランドや人気のブランド名を記載しています。実際の商品は違うブランド商品だったり、ノーブランドの物でも、「検」という文字を入れれば、検索に引っ掛かる確率が上がるのです。ブランドの正式名称を入れるのは決まりですが、「検索用」という意味の検で、規約には違反していないということなのだと思います。そりゃあたくさんの人の目に触れれば触れた分だけ入札価格が上がっていくでしょうし(魅力的な商品であれば)、なるべく高く売りたいのでしょう。

SEO対策 費用
SEO対策 費用

内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?

脱毛サービスサイト、千葉県男性専用
脱毛 千葉 男

地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
PR

パーツ


今ではたくさんのブログパーツがありますね。無料の物から有料のものまで幅広く数多く。しかし注意が必要なのは、このブログパーツの中に、SEOスパムになるコンテンツがたまぁにあるということです。信頼のおけるサイトからのブログパーツを利用するのであれば問題ないとは思いますが、手当たり次第ブログパーツを手に入れて張り付けていると、下手したら痛い目に遭ってしまうかもしれません。ブログパーツのタグにスパムが埋め込まれている恐れがあるので、タグを確認して、怪しいと思う所がないか確認してから自分のブログに貼り付けた方が安心です。とりあえずブログパーツだけでなく、何かのタグを自分のサイトに張り付ける場合は、タグを一度確認した方がいいです。

SEO対策 ブログ
ブログ SEO対策

脱SNS。ブログシフトを進めて早1年半。SNSから距離置き、より一層ブログ・HPシフト推し進める
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ

ひげの脱毛屋ホームページ、千葉県
ひげ 脱毛 千葉

旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円

キャッシュ


メインブログのキャッシュを久方ぶりに見てみました。本日9月26日、キャッシュ9月13日・・・。それ以降Googleクローラーに巡回されていないっていうね・・・^^;。困っちゃうなあこれ・・・。ってずっと更新していなかったし、まぁ仕方ない・・・(涙)。そういえばアクセス解析を見たら、変な検索をしてきている人がいたな。iPadで検索してきたみたいだけど、「co@」?だったかな・・・。今出先でアクセス解析が見れない状況なので定かではありませんが、確かcoと@は入っていたはずです。まぁたドメイン調べてんのかな。ドメイン調べて知ってどうしたいのだろうか・・・^^;。何も得することないと思うのだけれども・・・不思議・・・。

SEM会社
被リンク

トンちゃんSEO

「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず